バセドウ病

妊娠経過とバセドウ病!数値の変化は?体調の変化は?現在の首の写真アリ!

バセドウ病の自分が、妊娠した時のカラダや検査の経過についてまとめています。

妊娠経過とバセドウ病 数値&症状の変化は?

妊娠中のバセドウ病は、「可もなく不可もなく」でした。

でも、毎月1度の血液検査は、変わらず受け続けています。

血液検査の数値、妊娠中のバセドウ病の症状の変化、そして首の写真、それぞれを振り返ります。

妊娠中のバセドウ病の数値の変化

まずは、血液検査の数値の推移です。

T3  TSH 備考
2015/11 4.9 0.1 妊娠1ヶ月
2015/12 6.6 0.1 妊娠2ヶ月(発覚)
2016/1 8.6 0.1 妊娠3ヶ月
2016/2 6.0 0.1 妊娠4ヶ月
2016/3 妊娠5ヶ月
2016/4
2016/5
2016/6
2016/7

※日付は測定日を基準にしています。
血液採取の1ヶ月後に結果を聞いているので、ブランクがあります。

チウラジールは6錠のまま継続

「妊娠したらバセドウ病の症状が改善する場合がある」とよく聞きます。
妊娠中期ごろからは、胎児のことを攻撃しないように、抗体の分泌が抑えられるので、それに伴って甲状腺ホルモンの分泌も抑えられる(かもしれない)からです。

ですがわたしの場合、妊娠初期にむしろT3の値が上がってしまいました。

このときバセドウ病の主治医に「チウラジール9錠にしましょうか。」と言われましたが、拒否しました。笑
正常値の上限4.0のT3が「8.6」と言うと、少し値が高いように思いますが、自覚症状はほとんどありません。

もし妊娠中期に突然T3がガクッと下がって、それでもチウラジールを多量に飲み続けていれば、一時的に「甲状腺機能低下症」になってしまう可能性もあります。
(そちらの方が危険!)

ということで、チウラジール6錠で、高め安定のところで様子見中です。

妊娠中のバセドウ病の症状の変化

妊娠したからといって、劇的に体調が変わったかといえば、そんなことは全くありません。
若干疲れやすいかなぁ、ということぐらいですが、これはバセドウ病のせいなのか、それとも妊娠したからか、ただのナマケモノだからか、それは全くわかりません。笑

一番辛いのは、チウラジールの苦味です。
チウラジールって、もともと苦くて臭いのは知っていたんですけどね。

妊娠中は、味覚嗅覚が敏感になるんです!
チウラジールの口内の滞在時間を、できるだけ短くするように心がけてはいるのですが、どうしても口の中に苦味が残ります。
これはつわりのとき、本当にしんどかった。。

結局、解決策は見いだせていません。(誰か教えて~!)

バセドウ病治療中の妊娠で、胎児の成長に影響はある?

おなかの赤ちゃんの様子は、いたって普通です。
産婦人科の先生からも、「大きさは平均的で順調です。心配ありません。」と言われています。
ちなみにわたしの通う産婦人科は、3Dのエコーなので、顔まではっきり見えます。

その他、産婦人科での血液検査では、肝機能に若干の問題があったものの、気にするほどのことえはないとのことです。
肝機能はもしかしたら、チウラジールの副作用かも知れないとのことですが、問題なく今でも飲み続けています。

血糖や血圧などにも今のところ異常はなく、ごく普通の妊婦です。
脈拍だけは高くて看護師さんにびっくりされますが、それぐらいです。
(110とかそれぐらい。)

妊娠中の甲状腺(首)の写真


さてさて、これが現在の首の様子です。

まぁ、相変わらず腫れてますね。

初期の頃に比べれば、ずっと良くなったようには思いますが、まだまだ甲状腺の腫れはひきません。

まとめ

今のところ、バセドウ病でも順調に妊娠継続しています。
4月中に妊娠24週になりますので、ついに妊婦検診も2週間ごとになっていきます。

しっかり検査をしながら、様子を見ていこうと思います。

持病と付き合いながら将来の備えも考えよう
  • バセドウ病の通院費が家計を圧迫しないか心配
  • 持病のせいで「保険に入れなくなるのでは?」と思っている
  • 持病を持つということがひとごとでなくなり、家族の備えも考え直したい
  • まだ、なんの医療保険も生命保険も加入していない

 

持病を持つと、保険契約の告知に引っかかるようになります。(経験済み)
わたしの場合、学資保険がわりの終身保険に入るときに実際に告知で悩みました。

 

自分含め、家族の保険契約も、気づいたとき、また健康なうちに考え直してみることは本当に大事だと痛感しています。

↓お金はかからないので、お気軽に。↓