バセドウ病

バセドウ病の治療開始1年目の医療費の年間合計金額を公開。必要なら確定申告を

バセドウ病という持病を持ってしまうと、定期的に血液検査をする必要があり、その検査結果にしたがってチウラジールという治療薬を毎日(もしくは隔日)に飲まなければなりません。

 

バセドウ病が発覚した際は、自分のカラダも心配ではありましたが、それよりも「どれぐらい医療費がかかるの?」という不安がつきまといました。

 

バセドウ病の発覚当時、第一子である長女を出産したばかり。

収入もないのに、バセドウ病の治療費がかさむなんて…。

 

 

でも結論から言えば、バセドウ病の治療費だけでは、確定申告の医療費控除額10万円には全然達しませんでした。

治療開始1年間でバセドウ病でかかった医療費をまとめます。

 

手術はなし。血液検査と、投薬治療の場合の金額です。

通う医療機関によっても、多少かわります。また、この1年以上にバセドウ病の治療費がかさんだ年は、今のところありません。

 

通院は月2回、チウラジールは毎日6錠飲んでいた

バセドウ病の発覚当初の通院は、かなり重症だったこともあり、月2回でした。

月末に「血液検査」、その結果を聞きに月初に病院に出かけ、「血液検査の結果&処方箋をもらう」という流れ。

処方箋は1ヶ月分で、また月末に血液検査…というサイクルです。

バセドウ病の治療薬として飲んでいるチウラジールは、毎日6錠。

 

わたしの場合、子どもがもう1人欲しかったので、すぐに手術ということはなく、ほそぼそとチウラジールを飲みながら様子を見るという治療法でした。

 

バセドウ病の治療開始から2年以上経った現在は、3ヶ月分ぐらい一気に処方箋を出してもらっているので、通院頻度が減りました。

 

バセドウ病治療費の初年の年間合計金額は、53,940円

計算してみたら、バセドウ病の通院代と薬代で、年間53,940円かかっていました。

月で換算すれば、5,000円弱の出費ですね。(実際には月によってばらつきがあります。)

 

年間5万円を超えるとは・・・。結構医療費がかかったことに絶望です。

 

普段は、風邪をひいたぐらいでは病院へは行きませんし、今まで大きなケガなども全くしたことがありませんでした。

出産費用を除けば、ダントツ医療費がかかった1年になってしまったわけです。

ちなみに、旦那さんと長女が、この同じ年にかかった医療費は、合わせて1万円ちょっとでした。

やはり持病があって通院していると、医療費がかさむことがわかります。

 

以下は内訳です。

 

バセドウ病治療のために通った病院代の合計は、1年間で42,260円

バセドウ病の通院の支払合計は、42,260円でした。

 

ちなみにわたしは3割負担です。上記の金額は実際に病院で支払った金額です。

 

かかった医療費の内訳
  • 通常の血液検査の場合、1回につき2,290円ほどの支払
  • 副作用の検査を同時に行った場合は、1回につき3,450円ほど(2~3ヶ月に1度)
  • 検査結果と処方箋をもらう際の会計は、1回につき1,450円ほどです。

 

バセドウ病は、血液検査が高いんですよねぇ。。

 

治療のために購入した薬代(チウラジール1日6錠)の金額は、11,680円

チウラジール代の合計は、11,680円でした。

処方箋は、だいたい1日6錠×30日分で出ます。

1度だけ、1日3錠に減らした月がありました。(が、あえなく悪化して増やされました…)

これは当たり前ですが、1度にたくさん出してもらったほうが結果的には得です。(都度、調剤技術料と薬学管理料がかかるため。)

ちなみに院外処方箋ですので、処方箋薬局があるチェーン店のドラッグストアで、毎回の薬の購入をしています。

残念ながら、バセドウ病のお薬であるチウラジールは、ジェネリック医薬品が出ていません。

 

早く健康になりたいものだぜ。(2018年もまだ治療中)

実際にかかった医療費と向き合ってみて思ったことは、「健康であるということは、何よりも財産だと思う。」ということ。

もし健康でお医者にかかることがなければ、医療費の支出はないわけですし。通院する時間や、不安な気持ちなんかも発生しないわけです。

もちろん、病気になるということは、予測できることではありませんし、かけるべき病院代を節約するわけにもいきません。

 

あまりにもだらだら治らなかったら、いずれ手術しようかな…。

持病と付き合いながら将来の備えも考えよう
  • バセドウ病の通院費が家計を圧迫しないか心配
  • 持病のせいで「保険に入れなくなるのでは?」と思っている
  • 持病を持つということがひとごとでなくなり、家族の備えも考え直したい
  • まだ、なんの医療保険も生命保険も加入していない

 

持病を持つと、保険契約の告知に引っかかるようになります。(経験済み)
わたしの場合、学資保険がわりの終身保険に入るときに実際に告知で悩みました。

 

自分含め、家族の保険契約も、気づいたとき、また健康なうちに考え直してみることは本当に大事だと痛感しています。

↓お金はかからないので、お気軽に。↓